top of page
  • mmarket15

若手は本当に辞めたがっている?

先日、

東京建設業協会様の

月刊誌10月号に

コラムを書かせて頂きました。


7月号にも書かせて頂き、

反響がありましたので

今日はそれについてのお話。



テーマは、

「若手社員を知ると見えてくる」

今日からできる

若手社員教育の具体策です。



毎年、私は東京建設業協会様の

「早期離職防止セミナー」で

講師をさせて頂いていますが、


そこでよく耳にする、

若手社員の早期離職をテーマに

書かせて頂きました。


業界を問わず、

経営者様や人事担当者様の

お悩みとして多く挙がってくる

悩みの一つが、

「若手社員の離職」



皆さんは、

若手社員が辞めてしまう理由を

どう考えますか?



私は若手社員の現状を知るために、

高校・大学・高専の先生や関係者に

ヒアリングしたり、


建設業のクライアント先への

ヒアリング、


さらに、

仕事柄、普段から様々な業界で

管理職の方や若手社員と

接している経験から、

今日からできる対応策を

まとめました。



上記のヒアリングや経験から

見えてきたこと、それは、


若手はすぐ辞めるという

現場のお悩みとは裏腹に、


「若手は本当は

 辞めたくないのでは?」


ということです。



この考察は

多くの経営者様や

人事担当者様からすると

面白い視点だったようで、


解説を読んで、

ためになった、

若手の見方が変わった

と、コラムを読んだ社長様から

感想を頂いたり、

多くの反響を頂きました。


若手社員と言っても、

同じ人間です。


若手だからと一括りにせず、

きちんと相手の特性を知り、

「相互理解」を深めることで

見えてくるものが必ずあります。


まずは相手を知ることから。


その為に具体的に

どう行動していけばいいのかを

コラムで解説しています。


あと2回連載は続きますが、

若手の早期離職に限らず、

若手社員に悩みをお持ちの方は

是非ご覧になってみて下さい^^

7月号の掲載はコチラです

閲覧数:14回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Commenti


<アーカイブ>

bottom of page